KAMIKAZE COLLECTION - WEB STORE

2022.10CALENDAR

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
TODAY

2022.11CALENDAR

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
BANZAI DYNAMICS-BLACK HYBRID WOOL BUFF PAD 5inch
BANZAI DYNAMICS-BLACK HYBRID WOOL BUFF PAD 5inch
BANZAI DYNAMICS-BLACK HYBRID WOOL BUFF PAD 5inch
BANZAI DYNAMICS-BLACK HYBRID WOOL BUFF PAD 5inch
BANZAI DYNAMICS-BLACK HYBRID WOOL BUFF PAD 5inch

神風の神業
まるで磨きが上手くなったように感じた。
先行販売をした方が口を並べて言った言葉です。
研磨には確かに「技術」と「経験」が必要になります。
しかし、それ以上の重要なのは「ポリッシャー」「研磨剤」「バフ」のトライアングルバランスです。
そして、それをカミワザ=神業と言う理由。
それはそのマッチングがさらに熟成した事を指します。
全ては点圧研磨の為
当製品は一般的なバフに対して薄く硬いマテリアルを用いています
そして可能な限り短毛のマテリアルは回転抵抗を可能な限り軽減し
最小限のバフ目で次の工程へつなげる役目を果たします。
KAMIKAZE COLLECTIONが定義する点圧研磨とは、
ダブルアクションの偏心運動を落とさずに点で傷を抜く事にあります。
その為の全ての設計、開発に振っております。
薄すぎると叩き目が残り、自重によって含めのバフ目が入る。
厚すぎると点圧で追えず、偏心運動による回転を損なってしまう。
そのバランスなのです。
発熱の為のマテリアル
ウールバフの最大の特徴は研磨熱の抑制によるものでした。
しかし、これはキレやすいコンパウンド向けで羊毛には塗膜への温度が上がりにくいメリットがありました。
しかし、当社のコンパウンドのパフォーマンスを十分に果たせない為に、バフ目を残していたケースがありました。
研磨とは研磨剤とバフのによる単なる摩擦だけで行われるものではなく、
「熱」によって塗装を溶かしながら研磨する場合もあります。
それによってより研磨による光沢と肌感を調整できる場合があります。
私たちが求めたのは「この熱」による仕上がりの違い。
薄さ7mmの軟質EVAフォーム
EVAとは、Ethylen-Vinyl Acetate (エチレン-酢酸ビニル共重合樹脂)を採用しております。
これにより「軽さ」において大きなアドバンテージが生まれました。
車を半分磨き終えた頃には多くのウールバフにはかなりの量のコンパウンドが吸われてしまい、その重さは回転効率に大きな影響を与えます。
あえて5インチに至っては平面の研磨を想定して追従性を犠牲にしても、
点圧で思いのままに磨けるようにしました。
そして曲面部分等は3インチを主体にした研磨を想定として割り切っております。
このバフは研磨に拘りの強い「玄人」向けの1枚となります。
注意点
※当製品は塗膜補正=PAINT CORRECTIONを想定した製品です。DIY作業等では十分に塗膜に注意して使用ください。
※研磨時の発熱性が高い製品となりますので絡みやすい塗装(柔らかい、低密度)の塗装へはマッチングを十分に考慮してください。
※当製品のEVAは熱に弱い特性があります。研磨後のバフはヘラなどを用いて剥がしてください。ベルクロ部分の剥がれの原因となります。

POLISHING

BANZAI DYNAMICS-BLACK HYBRID WOOL BUFF PAD 5inch

2,980(税込)

0ポイント獲得!

数量
システム商品コード
000000000231
送料
0円~

最近チェックした商品